餌釣り 信州・渓流釣り三昧

餌釣り・カテゴリの記事一覧


餌釣り・・・釣り方偏

渓流釣りをする上で、魚のついているポイントを知ることは必要不可欠なことだ。

魚がどこにいるかもわからずに、むやみに餌を流してみても釣れるものではない。

だから、最低限実際に釣行に行く前に、魚の着く基本的なポイントくらいは知識として持っていたほうがいいだろう。

ポイントについては、当ブログでも紹介しているので参考にしてほしい。・・・・ポイントについてはこちら

さて、実際に渓流に着いたらタックルを準備して川に向かうのだが、ここで注意するのは、魚は予想以上に岸の近くにいるということだ。

だから、いきなり川の脇に立つのではなく、まず少しはなれたところから自分が入ろうとする所の周辺ポイントに餌を流してみよう。

そこで反応を確かめてから川のふちに立つようにしよう。

いきなりふちに立って、その周辺の魚を驚かせてしまうと、そのあたりいったいのポイントをつぶしてしまうことにもなるからだ。



続きを読む

餌釣り・・・道具偏

餌釣りとは、その名のとおり魚が実際に食べている餌を使って釣る釣り方だ。

餌釣りと一言で言っても、ウキ釣やミャク釣り・ブッコミ釣りなど様々な釣り方がある。

渓流では主にミャク釣りと呼ばれる釣り方が主流だが、最近ではより繊細な仕掛けを使って自然に餌を流す釣り方としてゼロ釣法たる釣り方も注目を集めている。

渓流での釣りではこの餌釣りが一番多く使われている釣り方であろう。

餌釣りでは、魚が餌を捕食する流れをいかに自然に餌を流すかが釣果の分かれ目となる。

餌にはオモリや糸・ハリ・マーカー・竿・・・・と自然に流れてくる餌にはついていないものがたくさん付いている。

しかし不自然な流れ方をすると魚は餌をくわえない。

だから、いかに自然に流れてくる餌と同じように演出するかがポイントになる。



続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。