信州で釣れる魚達 信州・渓流釣り三昧

信州で釣れる魚達・カテゴリの記事一覧


中綱湖のヘラブナ釣り

大町市の北部に位置する仁科三湖。

その一番北部に位置し、一番大きな青木湖は、過去には日本でも3番目に透明度の高い湖としてその名を全国にとどろかせていた湖である。

またヘラブナ釣りやヒメマス釣りでもマニアに人気の釣り場である。

また、仁科三湖の一番南にある木崎湖は、ワカサギ釣り・ヘラブナ釣り・ブラックバスフィッシング、」鯉釣りなどなど、釣り人にはメジャーなスポットであり、カヌーなどのアウトドアでも有名な湖である。

そして、両湖にはさまれた真ん中にあり、一番小さな湖・・・中綱湖。

以前は、氷上のワカサギ釣りなどもできて、冬場でも釣り人で賑わっていたが、ここ数年、氷が全面にはらず氷上のワカサギ釣りは禁漁となっている。

また、ボートが禁止のため、おかっぱりでの釣りのみとなる。

しかし、ブラックバスやヘラブナ・鯉などが釣れ、仁科三湖の中でも魚の密度は最も濃い湖と言う人もいる。

その中綱湖に、先日ヘラブナが放流された。


続きを読む

信州で釣れる魚達  ブラウントラウト

ブラウントラウト・・・原産地は、北部ヨーロッパで日本へは、昭和の初め頃、カワマスの卵に混じって移入されたと言われている。

魚食性の強いマスで極めて大型化する冷水魚である。

80センチを超す大物も記録されている。

また、原産地では1mを超え、20キロオーバーという大物もいるようだ。

シューベルトの名曲「鱒」に登場するのがこのブラウントラウトだと言われている。

体側の黒点が大きくてはっきりしている。

淡水では川底の無脊椎動物・小魚・カエル・水面近くを飛ぶ昆虫類なども食べる。

フライ・フィッシングの対象にもなりやすく、そのファイトが釣り人にとって魅力的であることから、ゲームフィッシングの対象魚として人気が高く、各地の湖に放流されている。

オーストラリアや日本の北海道などいくつかの国では地域の淡水生態系が破壊されて問題となっている。



続きを読む

信州で釣れる魚達  ニジマス

ニジマス・・・・レインボートラウト等とも呼ばれている魚です。

雄雌ともに全長20pくらいになると体側に虹色の帯が出る事からこの名が付いたようです。

特に産卵期の雄は鮮やかで美しいこの虹色が浮かび上がります。

私としては、レインボートラウトというよりは、ニジマスという名のほうが好きですけどね。

ニジマスは原産地の北アメリカから移植されて以来、成長が早く、また人工孵化も簡単なためか、養殖はかなり盛んに行われています。

そのおかげで放流魚としても大変メジャーな魚で、現在では日本各地に生息をしています。

但し、自然繁殖は日本の風土ではごく限られた地域でしかできなかったようです。

私の聞くところによると、信州のあるエリアではニジマスが自然繁殖しているといいます。

この信州の風土は、ニジマスの生態系に合っていたのでしょうかね。



続きを読む

信州で釣れる魚達  アマゴ

アマゴはサツキマスの陸封型で、本来は神奈川県酒匂川以南の太平洋側・四国全域・大分県大野川以北の河川と沿岸域が分散域であったが、最近ではヤマメの領域でも見られるようになった。

2月1日解禁となった岐阜県の長良川で有名で、フライフィッシャーに人気のシラメとはアマゴが銀毛したものである。

寿命は3年といわれ、産卵後死ぬものも多い。

ヤマメとの違いは、側線の上下から背部にかけて朱点が散在することであるが、体色や斑紋は個体差が大きい。

また、ヤマメと同様で俊敏・貧食である。

渓流のものは全長20p前後のものが多いが、本流では35センチ以上にもなる。



続きを読む

信州で釣れる魚達  ヤマメ

ヤマメは全国各地に生息するサクラマスの陸封型で、近種のアマゴよりはやや北方型の渓流魚である。

アマゴとは、体側面に朱点があるかないかで容易に見分ける事ができる。(朱点がないのがヤマメ、あるのがアマゴ)

ちなみに、陸封型とは、本来は海に下りていたが、海に下りずに一生を渓流で過ごすようになった魚のことである。

寿命は3年とされ、何度も産卵するイワナとは異なり、産卵を終えると死ぬ場合が多い。

ヤマメは全長で40cmくらいになる。

産卵期は10〜11月で、北に行くほど早い。

かつては、ヤマメ圏とアマゴ圏の間に明確な境界線があったが、移植放流がしきりに行われたため生息域が入り乱れている。

長野県内でも、このヤマメとアマゴ両種とも生存している。

おそらく以前は県南部はアマゴの流域であったろうが、最近ではほぼ全県でヤマメは見られる。

渓流のヤマメは、餌釣り・テンカラ釣り・フライフィッシング・ルアーフィッシングで釣ることができる。


続きを読む

信州で釣れる魚達  イワナ

渓流釣りの人気ターゲットととしてヤマメと人気を二分するのがイワナであろう。

イワナは冷水息を好む魚で、真夏でも水温が15℃以下の水域を好む淡水魚である。

それゆえに、以前は標高の高い山の奥でしか生息できず、釣り人も山の中を掻き分けてイワナの生息域まで行かなくては釣れなかったことなどから「幻の魚」と言われた事もあった。

しかし、最近では道路の発達でかなりの山の中まで車で入れることや、放流事業が盛んでイワナも放流されているので身近な場所でも釣ることができるようになった。

長野県にでも、主に中・北信地域の山沿いはイワナが主なターゲットとなっている。

警戒心が強い割りに獰猛で好奇心も旺盛なため、意外なほど荒食いをする時もある。

また川虫などの昆虫類のほかにも、大きなものになればネズミなどの小動物も餌としてしまうほどである。

ヤマメと違い、その体形からほとんど流れのないような場所でも定位することができるのも特徴の一つであろう。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。