渓流ポイントガイド 信州・渓流釣り三昧

渓流ポイントガイド・カテゴリの記事一覧


渓流ポイントガイド・・・・流れ込み!

自然渓流に生息する魚は、常に餌が流れてくるの待っている。

待っている場所は、日中などは岩の陰や白泡の下など外敵から身を隠せる場所であるが、朝夕のマヅメ時や活性の高い時などは流れの中に出てきているときもある。

どちらにしても、餌が効率よく取れる場所を選んで待っているのが普通である。

だから、魚のいる場所を探すときには餌がより沢山流れてくる場所を狙うのがセオリーとなる。

その代表的なポイントが流れ込みだ。



続きを読む

渓流ポイントガイド・・・・カガミを釣る!

渓流の釣りで、ポイントとなる場所のひとつの目安に「カガミ」と呼ばれるところがある。

これは、文字通り流れの中でカガミのようにフラットになっているところをさす。

どのポイントでもそうだが、このカガミとなっているところは魚が捕食するポイントの目安になるので必ずチャックしよう。

流れの中でも、時折カガミになるような流れもある。

これも「カガミ」の一つだ。

流れの中のカガミは、カガミになった瞬間が釣れるタイミングなので、タイミングを見計らって釣るとよい。

特に、ドライフライでの釣りの場合は、がさがさと流れがざわついているときにはまず魚は出ない。

そのざわついた流れが一瞬フラットになったときにフライが流れてくると魚は飛び出してくるのである。

だから、キャストするタイミングが大切である。



続きを読む

渓流ポイントガイド・・・・瀬の攻め方

瀬とは、水深がくるぶしから膝くらいまでの比較的浅い流れをさします。

その中でも、水面が比較的穏やか流れを平瀬、逆に水面のざわつきが激しく流れのきついところを荒瀬と言います。

水温の低い春先などにはあまりついてはいないが、盛期になり活性が高くなるとこういった瀬に魚が出てきて盛んに餌をとるようになります。

瀬に魚が出てきているときには、釣り人のテンションも一気に上がりますね。




続きを読む

渓流ポイントガイド・・・・淵の攻め方

渓流釣りにとって、大小に関わらず流れが落ちてできるような淵は絶好のポイントである。

魚は、流れ落ちてくる餌を待ち構えて捕食しているからである。また、白泡が出ているところでは、夏場の高水温時でも有酸素量が多いので魚の活性が高い。

だから、淵を見つけたら必ず攻めてみよう。

ただし、淵の中ならばどこにでも魚がついているわけではない。

ここでも流れが重要なキーワードとなる。

淵の中でも、流れのゆるい場所に魚がついていることはあまりない。ついていても、食い気のない活性のひくい魚がほとんどであろう。

ならばどこにいるのであろうか?

それは淵頭と淵尻である。



続きを読む

渓流ポイントガイド・・・・流れの中のストラクチャー

渓流釣りをするうえで、魚のいるポイントを把握しているのといないのとでは釣果に大きなな違いがある。

これは、以前「ルアーフィッシングをはじめよう」のカテゴリーの中でも書いたことである。

そこで、このカテゴリーでは、渓流で魚達が身を潜めている代表的なポイントを紹介していきたいと思う。

今後の釣りの参考にしてください。

まず初めに紹介したいのがストラクチャーである。

このストラクチャーは、渓流のみならず全ての釣りにおいてキーポイントとなる。

渓流では、倒木の下・岩の裏・岸際のエグレの中等がその代表的なもんだ。

魚は外的から身を守るために、普段はこうしたストラクチャーについている。そして、餌が流れてきたら補足のために流れの中に出てくるのである。

だから、ストラクチャーといっても「流れの中にある」ことが重要なポイントだ。



続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。