フライフィッシング 信州・渓流釣り三昧

フライフィッシング・カテゴリの記事一覧


信州らしい夏

イヤー、毎日毎日暑いですね。

雨の量もそれほど多くないですね。

でも、このところ朝夕は涼しくなっています。

日中も、カラッとした暑さなので、動いていていやではないですよね。

これが信州の夏なんです。

湿気の少ない信州の夏は、暑いけれど過ごしやすいんです。

そして、日中の暑さがうそのように、日がかげると涼しくなります。

ここ数年、どことなくジメジメした夏だったので、今年は久しぶりに信州らしい夏が来た・・・って感じですよ。

だから、渓流に立っていても気持ちがいいんです。

日中でも、木陰に入れば思った以上に涼しいんですよ。


続きを読む

最後の釣行

日程的に、今シーズンはこれで最後の釣行となるだろうと思い、家の用事もそっちのけで、いそいそとロッドを車に積み込み川に出かけた。
今シーズン最後の釣り場は鹿島川に決めた。

別にこの川で特別に良い思いをしたわけではないが、今シーズン、なぜかこのポイントで釣る機会がなく、なんとなく心残りであったので最後はと出かけてみた。
幸いにして先行者もなく無事入渓できた。

今年は、1シーズン不調であったので、いつも悩みながらつっていたような気がする。
ティペットを長くしてみたり短くしてみたり、ポイントから離れてロングキャストで狙ってみたり、身体を小さくしてとにかくポイントに近づいてみたり・・・・、自分の持っている知識と経験の中でできる限りのバリエーションを試してきたつもりだったが、かえって自分の釣りがわからなくなってしまったような気がしていた。

最終日の今日は、わからないなりにも今まで試したつり方を全部やってみるつもりで入渓した。

そして、実際に釣ってみて自分が大切な事を忘れていた事に気がついた。




続きを読む

釣れない理由

今年の私の釣果は、決して威張れるものではなかった。もちろんまったく釣れなかったわけではないが、思わしい釣果に結びつかなかった。

釣れない理由は色々考えられる。

1その時々のポイントが見極められていない。
2フライがあっていない。
3自然にフライが流れていない。
4ストーキングがうまくない。
5ポイントに近づきすぎ
6その他
7魚がいない。

などなど・・・・。技術的な面も大きく影響しているだろうが、それ以上に大切なものがある。



続きを読む

里川の釣り

禁漁間近のこの時期、魚は産卵をひかえて餌を荒食いするようになる。これに出会うと、うそのようによく釣れる。けれど、釣り人の入りやすい里川で、マニュアル通りにはなかなか行かないものだ。

1シーズン、自然の中の外的から身を守り、さらに釣り人からのたくさんの針の洗礼を受けてきた魚達は、思った以上にシビアになっており、めったやたらに餌に食いついてこない。

こんな時には、フライやルアーの選択はもちろん、立つポジションやストーキング等にも細心の注意を払い、魚に気づかれないようにして釣らなくてはならない。ポジションもできるだけ川の中に入らないようにする。どうしても川に入らなくては釣れないポイントでは、忍者のように慎重な足運びが求められる。

そして、いつもよりも1〜2歩遠くからポイントを狙うようにしたほうがいい。

そして、ナチュラルドリフト。自然に流す。これが重要になってくる。ドラッグのかかったフライには見向きもしてくれない。出てきても咥えることはないだろう。

こんな時こそ、ロングティペットリーダーの出番である。続きを読む

残暑の溪

台風が去ったと思いきや、いきなりの残暑で体がまいっている。こんな日には、どこか風通しの良い木陰で昼寝・・・なんて最高だよね。

でも、たとえどんなに暑くても魚を釣りたい人はいる。最近のウェダーは素材も良くなっているから、暑い日でも快適に溪を釣り上がれるようになったしね。釣りたい気持ちはよくわかる。

私だって、たとえ暑くてもそこしか時間が取れないならば張り切って入溪するね。

でも、そんな日にはやはり川を選ばなくっちゃ。日陰一つ無い川原が広い河川では、フライフィシングならばロッドも振りやすくラインも思いっきり出せるから気分はいいね。でも、まだまだこの暑さじゃ、日中に日影も無い川じゃ魚出ないよ。

こんな日にはちょっと山の中に入り、木の枝が茂っているような小さな溪のほうが魚も元気だし、暑さもしのげるから日中でも釣りになる。

そんな溪ならばあまり長いロッドは振れないし、ラインも長くは出せない。だからロッドは8ftくらいでティペットとリーダーもあまり長くはとらない。そだな、長くても9ftくらい。7ft半くらいでもいいかな。


続きを読む

秋の渓流釣り

信州は雪が多く、2月や3月の解禁当初から釣りを楽しめる川は限られている。

私の暮らす地域でも、2月16日解禁日に釣りができるのは街中を流れる農具川だけ。けれど、ここは上流部に温泉があり、その温泉のお湯が川に流れ込むので水温が以外に高く、雪の降る2月の解禁当初でもニジマスなどの溪魚が餌を追ってくれる。しかし、その他の渓流はまだ雪が多く、本格的に釣りが楽しめるのはゴールデンウィーク間近になってからだ。

続きを読む

もうすぐ夏到来、テレストリアルの季節です。

夏むきのフライ



昨日、久しぶりにテンカラ釣氏(私の黒鯛釣りの師匠でもあります。)のNさんから電話がかかってきた。数日前、Ti川上流部に入ったら尺上が2匹、その他にもチビが飽きない程度に釣れてきた・・・と言うのだ。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。