キャスティング 信州・渓流釣り三昧

キャスティング

さてさて、フライフイッシングで一番の難関はこのキャスティングではないだろうか。

フライフィッシングの特徴として、長いラインを使い軽いフライを遠くに飛ばす・・・ということがある。

これは、同じ毛ばりを使った日本の釣り「テンカラ釣り」と大きく異なる点である。

だか、一番厄介なのもこのキャスティングである。

他の釣りのほとんどが、錘などの重さをロッドに加えることで反発力を増幅して遠くに飛ばすのに対して、フライフィッシングのキャスティングは遠心力を引き出す運動を利用して遠くに飛ばすのである。

だからティーパーなどでラインの重量を分散させているのです。

理屈を書くとややこしいことですが、フライのキャスティングも慣れでしかないと思います。

しかし、このキャスティングでつまずいてフライフィッシングをやめてしまう方も多いようですね。


10メートル




確かにフライフィッシングのキャスティングには練習が必要です。

が、ちょっとしたこつを掴むとそんなに難しいものではないですよ。

それに、湖などで遠投するならともかく、渓流ならばおよそ10メートル前後のキャスティングができれば充分です。

遠くに飛ばすことよりも、確実に魚が捕食するレーンにフライを自然に流すことのほうが大事だからです。

おのずとキャスティングの仕方も違ってきますよ。

私は、ロングティペットを使うことが多いので、キャスティングはロングティペットリーダーシステムの第一人者である岩井渓一朗氏のビデオなどを参考にして練習しました。

その中で、アドバイスとしてあったのが、槍投げは遠くに飛ばすから体全体で投げる。

けれどダーツは距離よりも正確に的を得ることが大切だからスナップをきかせて投げる。

フライキャスティングも理屈は同じで、遠投する必要なときには手首を動かさず、腕全体を使ってキャストする基本的なキャスティングが向いているが、渓流などでは正確なキャスティングが求められるので手首を使ってキャストする・・・と言った内容の説明があり、これがすごく参考になりましたよ。

だから、私のキャスティングは手首を使ってます。

一般的なフライのマニュアル本では手首を使わず・・・とかいてありますけどね。

ただし、時と場合、状況によってはやはりベーシックなキャスティングが必要となるときもあるので、どちらもできるように練習するのが一番でしょうね。

キャスティングは練習あるのみです。

でも、きちんとポイントにフライを落とせて、自然にフライを流せれば魚が釣れる確立は格段にアップします。

やればやるだけの価値のあることですよ。

頑張りましょうね!




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。