フライ 信州・渓流釣り三昧

フライ

フライフィッシングで最も重要視されるのがこのフライであろう。

フライに関しては、アングラー一人一人のこだわりがあるので、あえてここで何か言うのも難しいことではあるが、数あるフライの中でビギナーの方にもお勧めできるフライの選択について少し書かせていただこうと思う。

しかし、これはあくまでも私個人の見解であり、先に述べたようにフライの選択については個々の思い入れで選ぶのが普通なので、こういった考え方もおあるのか・・・という程度で呼んでいただければと思う。

ま、最近はフライといっても本当にたくさんの種類のフライが考えれれている。

フライのタイイングブックなどを見たら、エー!と思う程の数である。

しかし、本に載っているのはほんの一握りの種類でしかなく、アングラーのオリジナルフライまで入れたら数限りなくある。

特に、最近ではリアルイミテーションフライが注目されているような気がする。

本物の虫が水面に落ちたときの波紋をイメージして作っているとか、水中から見たシルエットを重視したとか、それぞれのフライには特徴があるが、私個人としてはあまり厳密なイミテーションにこだわる必要はないと思っています。

もちろん、シビアな魚を釣る時にはそれなりのフライを用意する必要があるのですが、始めたばかりの方がそこまでフライを用意するのは大変なことだと思うからです。

それよりも、始めは「パラダン」「ソラックスダン」「エルクヘアーカディス」「アダムスパラシュート」など、昔から使われ続けているような一般的なフライを使いこなすところから始めたほうが釣りそのものに集中できるのではないでしょうか?

ま、私なんか何年やっても、いまだにパラダンが一番好きなフライですよ。


タイイング



さて、フライも始めはできたものをショップで買ってくるのもいいでしょう。

でも、少しなれたら自分で是非タイイングもしてみましょうよ。

hurai-2.JPG

始めはそれこそ簡単なフライだけでもいいので自分でまくようにしましょう。

それがたとえ上手にまけなくてもいいんですよ。

私なんかいまだにへたくそですよ。

でも、自分でまいたフライで魚が釣れたら、もっとフライフィッシングが面白くなりますから。

でも、本を見ただけでは良くわからないのが事実だと思います。

できれば、始めはショップなどのタイイング講座に一回でも参加してみたらいいですよ。

私もショップの講座で基本的なまき方を教わりましたよ。

後は、本やDVDなどをみるだけでもまき方がわかるようになりますから。

フライを自分でまくようになれば、新しい楽しみが広がるはずですからね。




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。