リーダーとティペット 信州・渓流釣り三昧

リーダーとティペット

フライラインの先にはリーダーが接続されている。

このリーダーも、フライライン同様テイパーがついている。

これが、ラインからのパワーを速やかにリーダーに伝え、フライがソフトに水面に落ちるのをアシストしてくれている。

リーダーの先に付けられ、その先にフライを結ぶのがティペットである。

リーダーは通常”X”という表記でその太さが記されていて、Xの前に付く数字が大きいほど太さは細くなる。

リーダーの選択基準は、フライの大きさや使用ティペットの太さで決まってくる。

また、リーダーにも一応は規格たるものもあるが、メーカーによってその基準はさまざまで、フライラインほどはっきりとはしていない。

逆に言えば、メーカーごとにそれぞれ特徴もあるので、好みに合わせたものを選べばいいだろう。

私は長めにティペットリーダーシステムを使うことが多いので、通常はしなやかな柔らかさのティペットを使うが、短いラインで釣りたいときなどはハリのあるものを使用している。

釣り方などによっても変わってくるので、いくつかつかってみてフィーリングのあう物を選べばよいだろう。

長さは9フィートくらいが標準ではあるが、最近のロングティペットリーダーシステムでは14フートくらいのリーダーを使う。

逆に、渓流でも7フィート半くらいのショートリーダーを多用するアングラーも私は知っているが、ショートリーダでもばしばし釣っているのでこれも考えかただろう。


ティペット



ティペットは、通常の釣りで言うハリスにあたるものである。

普通はリーダーに少しティペットを結び、その先端にフライを結ぶ。

ラインは消耗品で、釣っているうちに傷が付く。

また魚が釣れても、魚の歯等で傷が付くので、こまめにこのティペットを切っていく。

ティペットをつけることで、このティペットだけをこまめに交換すればラインの痛みを気にせづ釣りができるのである。

また、ティペットの長さを調整することで、長いラインシステムからショートシステムまで使い分けることもできる。

ティペットの太さは、フライの大きさなどによって決める。

使用ほどが高いのは4X〜7Xでしょうかね。

8X以下のティペットは、ミッジなどの小さなフライを釣る時に使いますよ。

私は3X〜10Xまでのティペットをいつも持ち歩いていますが、本と言うとミッジの釣りはあまり得意でないので、ほとんどが7Xまでのティペットで対応してしまいますけどね。




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。