フライライン選び 信州・渓流釣り三昧

フライライン選び

先にも述べたが、フライフィッシングはフライラインの重さを利用して軽いフライをキャストします。

そして、フライラインの重さは○番・・・と言うように、番手で表示されます。

この番手を決めるのは、フライライン先端より9メートルの重量だそうです。

番手が大きくなればなるほど重いラインということになります。

実際には、渓流の釣りで使われるのは3番か4番、本流や湖でも5〜8番くらいでしょう。

このラインは、使用するフライの大きさや重量、あるいは風などの影響などによるフィールドの制約、もしくは対象となる魚の大きさやパワーによって使い分けられると言ったほうがいいでしょうね。

でも、日本の小規模な渓流ならば3番か4番のラインで大抵は対応できますよね。

一般的なのは3番のラインですね。

2番のラインを使うアングラーも最近では増えていますが、自然の中で軽い2番のラインを正確にキャストするのは技術も要りますから、初心者の方にはあまりお薦めできませんよ。



フライラインの種類



フライラインにはいくつかの形状があります。

代表的なのはフライラインの先端と後端が同じようにテイパー状になっているダブルテイパーライン(DT)と、先端のみテイパー状になっているウェイトフォワードライン(WF)の2種類です。

その他にも、テイパー状になっていないレベルラインや、より遠くにキャスティングできるようになっているシューティングヘッドなどもありますが、特殊な状況での使用となります。

一般の渓流ではDTラインで十分です。

WFラインは遠投性に優れていますが、実際の渓流ではキャストする距離はせいぜい10ヤード程度です。

闇雲に遠くにキャストして、フライがきちっとポイントに入らなかったり、ドラッグがかかってしまってはかえって魚は釣れません。

それよりも、10ヤード先のポイントにきっちりとフライを落として、ドラッグフリーで流すほうが釣果は格段に上がりますから。

でも、10ヤードではFWラインの特性は生かせませんので必要ありません。

それに、DTラインなら、少し使った後ラインを前と後を逆に巻きかえれば、また新品と同じように釣りができますからお得ですよ。

フライラインも消耗品ですからね。

その他のフライラインの種類としては、シンキングタイプ(沈むタイプ)とフラーティングタイプ(浮くタイプ)がありますが、湖などでストリーマーなどを使うのでなければ、大抵はフローティングタイプイで対応できます。

カラーも、オレンジや黄色・緑など様々な色がありますが、これは自分が一番見やすい色を使うのが一番です。

フライラインを見失うと、フライの流れている位置までわからなくなりますから。

それに、キャスティングの上手い人は、フライラインの落ちる位置でフライが落ちる位置を測っているんですよ。

だから、フライラインは見やすいことが大切なんですよ。

逆に、この色だと魚が警戒して釣れなくなる・・・なんてことはないようですからご心配なく。





この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。