ロッド選び 信州・渓流釣り三昧

ロッド選び

さて、これからフライフィッシングを始めようとする方が絶対に手に入れなくてはならないものの筆頭がフライロッドですね。

竿がなければ釣りになりません。

ま、釣りの中にはかったくりのような竿を使わない釣りもありますけど・・・・。

フライフィッシングでは、フライロッドはなくてはならない道具です。

では、どんなロッドを選ばば良いのか?

これがまた難しいんですよ。

釣りに行く川の規模や対象魚の大きさ、釣り方(使うフライの違いなど)などでもロッドのは違ってきますから。

なら、なに選べばいいんだよ・・・・!!

と思いますよね。

そこで、これはあくまでも基本ですが、一般的な渓流釣りをするならば8フィート前後の3番ロッド。

ロッドは、使うフライラインの番手によっても違ってきます。

一般渓流ならば、やはり扱いやすいのは3番でしょう。

一つ太い4番なら、源流での大物釣りなんかでも対応できますが、一般的なサイズ(30センチ程度までの渓流魚)をメインとするならちょっとオーバーパワーかな・・・と思います。

でも、4番ロッドなら管理釣り場やちょっとした湖など色々な釣り場で使いまわしも聞くのでお得と言えばお得でしょうけど。

最近では、より繊細な釣りを・・・と言うことで2番ラインを使う方も増えていますけど、キャスティングなどに技術を要するので初心者の方には扱いにくいのではと思います。

長さも、良くいく渓流の川幅に合わせた長さを選べばいいと思いますが、8フィートくらいの長さが一番使い回しがきくのでは・・・・。


ロッドのアクション



さて、使うロッドの長さと番手が決まったからOK・・・とはいきません。

その他にも気を使わなければいけないのがロッドのアクションです。

これが一番大切かも・・・・。

でも、これもその人の釣り方や好みによるところも多いので、これが一番いい・・・・なんてことはいえません。

ただ、大まかな目安としては、使うシステムによって選ぶ選び方かと思います。

システムに関しては後日もう少し詳しくお話ししますが、長いリーダーシステムを使うか、それとも短いリーダーシステムで釣るのか・・・と言う感じ。

もちろん、その他の要素も絡み合ってお気に入りのアクションは決まるのですけどね。

私的には、長いリーダーシステムを使うならば全体的にきれいに曲がる柔らかいロッド。

逆に、短いリーダーシステムで釣るならば、ちょっと固めのティップアクション(竿の先のほうが柔らかいアクション)がいいのではと思います。

ただ、ティップアクションと言っても、ただ全体的に硬いだけではキャスティングがしずらいので、全体的には張りがあるが穂先はしなやかなロッドと言うほうがいいのかもしれませんね。

それと、ロッド振ったときに重く感じないロッドですね。

一日中キャスティングを繰り返したときに、この持ち重りの違いは大きく影響しますから。

ただ、単純に思いか軽いかではなくて、リールとのバランスも大切な要素になりますけどね。






この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。