タックルをそろえる前に・・・ 信州・渓流釣り三昧

タックルをそろえる前に・・・

さてさて、フライフィッシングを始めるにあたっては、とりあえず道具が必要になります。

これはフライフィッシングだけではなく釣りをするうえでは最低限必要な道具というのがありますよね。

まず、竿(ロッド)、そして釣り糸(ライン)、釣りによってはリールも必要不可欠になります。

その他に餌(又はルアー・毛針など)・・・・。

釣りをするうえで絶対になくてはならない道具は以上のものでしょう。

でも、よりつりを快適に、かつ安全に楽しむためにはその他にも様々な道具が必要となります。

ハウツーマニュアル本などを見てもらうと、「え!こんなに・・・・」と思うほど、色々な道具が書き記されているでしょう。

でも、その道具は全て必ず必要かというと、なくてもいいものもあります。

いわゆる「あると便利」などうぐですよね。

それまで全てを一度にそろえたら大変なことです。

ですから、まずは自分の釣り方や釣り場に合わせた必要な道具だけを揃え、後は少しづつ足していくようにしましょうよ。


フライフィッシングのタックル選び




さて、ではフライフィッシングを始めるにあたっては、まず絶対必要なのがロッド・リール・ライン(フライライン・ティペット・リーダーの3種類)そしてフライですね。

その他にも、ラインカッターやフロータント、ウエダー、ベスト・・・・・etc

上げればきりがないほどの道具があります。

その中で、自分の釣り場等スタイルに合わせた道具をそろえるには・・・・?

初心者の方には難しいですよね。

そこで、お店の方に素直に「初心者なので・・」といって、必要なものを教えてもらいましょう。

もちろん、これからこのブログでも、渓流でのフライフィッシングで私なりに必要だと思う道具はご紹介していきますけど。

フライフィッシングの道具を買うとなると、町の小さな釣具屋さんでは手に入りにくいこともあるでしょう。(私の暮らす町の釣具屋さんでは、フライの用品は手に入りませんよ。)

ですから、大手の釣具屋かフライショップ(プロショップ)と言われるフライ専門のお店に行くことになるかと思います。

でも、フライショップって入りにくいお店ありますよね。

敷居が高いっていうんですか・・・?

特に初心者の頃は、フライの用語を言われてもちんぷんかんぷんでしたから、お店の人と話すのも緊張の連続でした。

でもでも・・・・全部が全部そんなお店ばかりではないんですよ。

初心者でも、始めてきたお客さんにも、親切に対応してくれるお店もたくさんあります。

これからフライを長く続けていくならば、そんな行きやすいプロショップを一つ見つけておくのも大切なことかもしれません。

フライを続けていくうちに、必ずいくつかの壁に当たります。

その時に、そんなプロショップの方は色々なことをアドバイスしてくれるはずですから。

もちろん、商品を買うなら大手量販店の方が安いです。(私も、いつもは量販店で買います。)

でも、プロショップは品物を買う他にも様々な情報やテクニックを教えてくれる場所でもあるんですよ。

ですから、いつもプロショップで買いましょう・・・なんで言うことをいうつもりはありませんが、上手にお店と付き合えることは大切だと思います。

それと、もし近くにフライフィッシングをやっている方がいたら是非お友達になっておきましょう。

一緒に釣行してもらえれば、目の前でフライフィッシングのノウハウを実演してくれるわけですからね。





この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。