フライフィッシングってどんな釣り? 信州・渓流釣り三昧

フライフィッシングってどんな釣り?

このカテゴリーでは、これからフライフィッシングを始めようと思っている方や、始めたばかりの方向けに、フライフィッシングビギナーズガイドをお送りします。

これからこのカテゴリーでご紹介する内容は、私の少しばかりの経験を元に基本的なことを中心に書いていこうと思っていますが、中にはハウツーマニュアルに書いておる内容とは異なる点もあるかと思います。

それは、私自身の経験から得たことであり、それが全てではありませんのでこういったやり方もあるのか・・・と受け止めていただけたら幸いです。

そして、このブログを読んで一人でもフライフィッシングを始めてみようと思っていただける方がいましたら何よりだと思います。

さて、まず始めにフライフィッシングってどんな釣りか・・・ということについて私なりに思うことを書いてみたいと思います。

フライフィッシングとは、ご存知のとおり鳥の羽や人口の材料などを使って作った毛ばり(フライ)を餌の代わりに使って釣る釣りです。

偽者の餌(疑似餌)で釣るわけですから、魚に本物の餌のように見せかける(だます?)釣りですね。

でも、偽者を本物のように見せかけるわけですから、ただフライを流すだけでは釣れません。

本物以上に本物らしく流す・・・いわゆるテクニック(技術)を要する釣りです。

同じ擬似餌の釣りでも、ルアーフィッシングは基本的にはルアー自体がただまいてくるだけでも魚にアピールをする動き(アクション)をするように作られています。

もちろん、ルアーフィッシングも、よりシビアな魚をより多く釣るために様々なテクニックを駆使する釣りですが、フライはそれ自体は何の動きも匂いも味もありません。

ですから、フライの作り方や流し方などなど、一つ一つにアングラーの技術が問われる釣りだと思います。

また、そこがフライフィッシングの面白さだとも思いますけどね。


日本の毛ばり



フライフィッシングの楽しみは人それぞれによって違うといってもいいのではないでしょうか。

釣りですから、もちろん魚を釣る楽しみは誰もが持っていることですが、その他にもフライを作る(タイイング)の楽しみ、フライを上手にキャストする(キャスティング)の楽しみ、上手に流す楽しみ等など、釣り人それぞれが独自の楽しみ方を持っていると思います。

フライのキャスティングの大会だってあるんですよ。

さて、毛ばりの釣りといえば、日本にも昔からテンカラ釣りという毛ばりの釣りがあります。

このテンカラ釣りとフライフィッシングの違いは、一つには道具(タックル)の違いがあります。

テンカラ釣りは、およそ3メートル前後のいわゆるのべ竿(テンカラ竿)を使って、昔は馬の尻尾の毛を使ったといわれるラインの重さを利用して軽い毛ばりを飛ばす釣り方です。

かたやフライフィッシングは、8フィート前後(2m40cmくらい)のロッドにリールをつけて、遠くまでフライを飛ばせるようにした釣りです。

フライを飛ばす原理はテンカラ同様、フライラインの重さを利用して飛ばします。

このようにタックルも違いますが、一番の違いはその生い立ちにあると思っています。

テンカラ釣りはもともと職業漁師さんが、より効率よく魚を釣るためにあみ出された釣りだと聞いた事があります。

日本の渓流で、より効率的によりたくさんの魚を釣るために考えられているんですね。

ですから、イメージ的にもテンカラ釣りはテンポの速い釣り・・・という風に見えます。

かたやフライフィッシングはイギリスの紳士が楽しみで始めた釣りです。

いわゆる遊びの釣りですよね。その発祥は。

だから、魚を釣るだけではなくその他の楽しみ方もできてきたんだと思います。

私はフライフィッシングはゆとりを持って楽しめるようになりたいと思っています。
(まだまだその域ではありませんが・・・)

魚と戯れる時間を楽しむ。

自然の中に身をおく楽しみ。

そして、魚を釣る楽しみ・・・・etc。

釣りを計画するその時から、家路に着くまでの全ての過程を楽しめるようなそんな釣りにしていきたいと思っていますよ。




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。