基本に立ち返って・・・ 信州・渓流釣り三昧

基本に立ち返って・・・

来週末、たぶん地元の渓流でしょうが釣行を計画しています。

ウエダーを新調し、フライラインも巻き変えました。

準備はOKです。

で・・・今シーズンの私の釣りの課題は・・・

基本を大切にする」です。

同じ釣りを長くやっていると、テクニックは身につきます。

色々な小技を駆使して釣ることが出来るようになります。

しかし・・・

その反面、疎かになってしまうこともあります。

それが・・・

基本なんです。

例えば、ストーキングとか立ち位置などなど・・・。


DSCN2892.JPG

ロングキャストができるようになると、ストーキングなどにあまり気お使わなくなってしまいがち。

また、メインディングなどで流れを回避できると、立ち位置もあまり気にしなくってしまったりします。

結果、魚を驚かせてしまったり、無理な釣り方をしてしまい釣果を下げていることもしばしば・・・。

ここ数年の自分の釣りを思い返してみて、つくづくそう思いました。

だから、今年は基本を守った釣り方を心がけたいなと思っています。

ロングティペットリーダーも出来る限り使わず、9フィート前後の仕掛けで、出来るだけフライの流しやすい位置を考えて、出来るだけ近付いて釣る・・・考えてみると結構難しそう。

でも、これが私の今年の課題です。

どんな条件でも、出来る限り釣果に結び付けていくためには、テクニックもさることながら基本が大切と実感。

今年は釣行記を通して、このあたりの解説も出来ればと思っています。

さてさて、どんな釣りになるのか・・・・お楽しみに!



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。